お腹や二の腕、そして背中などの脂肪を取り除いて、すっきり見せたい、きれいに見せたいといった女性が多い中、最近ではお腹のでっぱり(脂肪)を取り除きたいといった中年男性が増えていることも事実です。

脂肪吸引は美容外科や美容整形で行っております。

やり方としては、脂肪を減らしたい個所に局所麻酔をしてから脂肪吸引管を挿入して脂肪を抜いていきます。

患部にもよりますが、入院は数日間です。

その後は抗生物質や消炎剤を服用しながら経過観察のため、数か月は月に1~2回通院することになります。
費用は保険がきかないためすべて自己負担にとなり、こちらも患部によりますが10万円を下回ることは少ないです。医療技術がかなり進歩しており、挿入以外にも超音波を当ててから脂肪をやわらかくして吸引しやすい処置法が短時間で済むようになりました。

また細かい部分の脂肪も取り除くことができるようになりましたので、脂肪をどのくらいの割合で残存させて見かけをよくするかといったパソコンを使ってのシミュレーションもできるようになりました。

とにかく短時間で処置を済ませ、入院期間も短くなり、すばらしい抗生物質で化膿することもほとんどなくなりました。



体形を気にする男女が増えていることもあり、脂肪吸引の需要もあってか、美容整形などでは脂肪吸引の技術を身につける医師が増えていることも実情です。



美容整形では、脂肪吸引の処置が一つのビジネスとして成り立っているようですが、お隣韓国では若い女性の間でプチ整形が流行っていることもあり、日本以上に需要があります。

人気のあるYahoo!知恵袋情報といえばこちらです。